とちテレニュースカレンダー

2017年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■28日に衆院解散 県内小選挙区は16人が出馬予定(17-09-25)

県内小選挙区の出馬予定は以下の通り。【1区】船田元氏(自・現)、柏倉祐司氏(無・元)、渡邉典喜氏(民・新)、青木弘氏(共・新)【2区】西川公也氏(自・現)、福田昭夫氏(民・現)、小池一徳氏(共・新)【3区】簗和夫氏(自・現)、渡邉喜美氏(無・元、参院から鞍替え)、槙昌三氏(共・新)、石渡剛氏(幸福・新)【4区】佐藤勉氏(自・現)、藤岡隆雄氏(民・新)、山崎寿彦氏(共・新)【5区】茂木敏充氏(自・現)、川上均氏(共・新)

■交通死亡事故多発! 新米のころ同様、安全運転を(17-09-25)

秋の交通安全運動の期間中だが死亡事故が相次ぎ、交通死亡事故多発全県警報が出されている。死亡事故発生現場では警察などが注意を呼び掛けた。県内では23日までの10日間に、交通事故によって8人が死亡した。さくら市挟間田地区では田んぼの中の見通しのよい交差点で、9月15日と21日に死亡事故が発生。高齢者2人が死亡した。呼び掛けでは新米を配り、一時停止や安全確認をしっかりするよう訴えた。

■ユネスコ登録の祭りを支援 信金が寄付金贈る(17-09-25)

ユネスコ無形文化遺産に登録された鹿沼市の鹿沼今宮神社祭の屋台行事と、那須烏山市の烏山の山あげ行事を支援しようと25日、地元の金融機関から市に寄付金が贈られた。鹿沼相互信用金庫と烏山信用金庫は共同キャンペーンとして、今年6月から8月にかけ、寄付金付き定期預金をそれぞれ25億円を募集した。募集総額の0.02パーセントにあたる50万円が2つの市にそれぞれ寄付された。

■衆院選へ 県内でも動き活発化(17-09-24)

 安倍総理大臣は25日、記者会見を開き、臨時国会冒頭の28日に衆議院の解散を表明するとみられるが、県内でも次の衆議院選挙に向け動きが活発化している。自民党県連は24日、宇都宮市内で次の衆議院選挙に向けての役員会を開いた。役員会では上野通子参議院議員を本部長とする選挙対策本部を24日付けで設置したことや、現職5人が公認候補として内定したことなどが決まった。一方、民進党県連も24日夜、緊急幹事会を開き、柏倉祐司氏の除籍処分で空席となった栃木1区の候補者について、宇都宮市出身の渡邉典喜氏(34)を擁立すると発表した。民進党県連は渡邉氏を県連の副代表にも決めていて26日に開かれる党本部の常任幹事会で公認候補として正式に決まる見通し。

■障がい者スポーツの祭典 1800人が汗流す(17-09-24)

 障がいがある人たちがスポーツを楽しむ「県障害者スポーツ大会」が24日、宇都宮市内4会場で行われ、秋晴れの中約1,800人がさわやかな汗を流した。車椅子を使用している人が参加する「スラローム」で選手たちは、車椅子を巧みに操り、30メートルのコースを走り抜けていた。

■60センチのヤシオマスも 鬼怒川トラウト祭り(17-09-24)

 ヤシオマスやニジマス釣りが楽しめる宇都宮市の鬼怒川フィッシングエリアで24日、鬼怒川トラウト祭りが行われ、大勢の釣り客が大物を狙って竿を振った。同エリアは約3000平方メートルと3800平方メートルの池が2つあり、ヤシオマスやニジマスなど7種類の淡水魚が放流されている。訪れた人は、ルアーやフライフィッシングを楽しみ、中には、およそ60センチ級の大物をを釣り上げた人もいた。

■青藍泰斗 國學院栃木が4強(17-09-24)

 秋季高校野球県大会は24日、宇都宮市の清原球場で準々決勝2試合を行い、青藍泰斗と國學院栃木がベスト4に進出した。佐野日大と戦った青藍泰斗は2回に先制点を奪うと5回にも2点を追加。その裏に同点とされるも7回に勝ち越し、大塚のソロフォームランなど終盤にも追加点をあげ6対3と突き放した。國學院栃木は序盤に主導権を握り、宇都宮南を7回コールド8対0で宇都宮南を退けた。

■秋季高校野球 小山南が初のベスト4(17-09-23)

秋の高校野球県大会は準々決勝2試合が行われ、小山南がシード白鴎大足利を5対4で下した。接戦を制した小山南は初のベスト4進出。続く第2試合は作新学院が文星芸大附属に8対7で勝利し4年連続の準決勝進出を決めた。準々決勝残りの2試合は24日、清原球場で行われる。

■サービスエリアで交通安全呼びかけ(17-09-23)

秋の交通安全運動にあわせ、東北自動車道の那須高原SAで警察などが利用者にチラシなどを配って交通安全を呼び掛けた。警察によると高速を走るときに後部座席のシートベルトやチャイルドシートを使用していない車が多いという。会場では県警高速隊のパトカーが展示されたほか交通事故で家族を亡くした子どもたちのための募金が行われた。

■「栃木ブレックス」が連覇を祈願(17-09-23)

バスケットボールBリーグの「栃木ブレックス」が今シーズンの開幕を前に、宇都宮二荒山神社で必勝祈願した。新たに就任した長谷川 健志HCのもとBリーグ連覇を目指す。在籍から10年の節目を迎えるキャプテンの田臥 勇太選手も玉串を捧げて気持ちを新たにしていた。Bリーグは今月29日に開幕。栃木ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮でシーホース三河と対戦。

■県議会代表・一般質問(LRTと雪崩事故関連)(17-09-22)

県議会の質問戦が22日から始まった。宇都宮市などが今年度中の着工を目指す次世代型路面電車、LRTの事業について福田富一知事は年内をめどに支援の内容を明らかにすると述べた。このほか、那須町で高校生など8人が犠牲になった雪崩事故を受けて冬山で遭難した人を捜索・救助する資材の整備費に2千万円の補正予算案が計上された。

■交通安全運動 高校生が一日署長(17-09-22)

21日から始まった秋の交通安全運動の一環として日光市では22日、中学生や高校生たちが一日警察署長などになって交通パレードを行った。22日は日光警察署としては初めて交通安全パレードが行われ、一日署長などを乗せた総勢10台の白バイとパトカーが交通安全をアピールした。日光警察署の管内では、観光客による渋滞中の追突事故などが多いということでこれから秋の行楽シーズンを迎えることから安全な運転を呼び掛けている。

■園児が自然の大切さを学ぶ 宇大生による紙芝居授業(17-09-22)

宇都宮大学の学生たちが22日、宇都宮市内の保育園で環境についての出張授業を行った。授業では「どんくんの夢」という紙芝居が披露された。どんぐりのどん君は日光市の足尾に住む森の妖精。足尾銅山の開発で森が失われていく中、どん君、自らが木に成長し森を再生しようとするストーリー。園児たちはみんなで協力してどんぐりを植えれば森が再生できるかもしれないこと、そして、自然を大切にしなくてはならないことを学んだ。

■消防士がアダルトビデオ出演で懲戒処分(17-09-21)

アダルトビデオに出演し報酬を得ていたとして真岡消防署芳賀分署の26歳の男性消防副士長が21日、懲戒処分を受けた。芳賀地区広域行政事務組合消防本部によると消防副士長は約60回にわたってアダルトビデオに出演。総額で90万円の報酬を得ていた。消防本部は公務への信用を著しく失墜させたとして21日付で停職6カ月の懲戒処分とした。処分を受けた消防副士長は報酬を借金の返済に充てていたということで21日付で退職している。

■秋の交通安全運動始まる(17-09-21)

21日から秋の交通安全県民総ぐるみ運動が始まり県内各地でイベントで交通安全が呼び掛けられた。下野警察署では栃木市出身で女優やモデルとして活躍する石川恋さん一日警察署長を務めた。交通安全協会の会員などと一緒に道の駅しもつけで自身のメッセージの入った交通安全のタネなどを配った。
  • 旅好き
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • 盲導犬協会
  • うたの王様
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜