とちテレニュースカレンダー

2017年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■金精道路の通行止め解除(17-04-25)

 雪のため、冬の間、通行止めとなる日光市と群馬県をつなぐ「金精道路」が25日から開通した。春本番を迎える奥日光の景色を楽しもうと、道路の入り口には約50台の車が列を作った。正午ちょうどにテープカットが行われ、警察車両などを先頭に車が出発した。

■市長会議 DCに向け2次交通対策を要望(17-04-25)

 県市長会は25日、宇都宮市で今年度初めての会合を開き、JRグループの大型観光キャンペーン「デスティネーションキャンペーン」に向けて、観光地を周遊する巡回バスなど2次交通対策の支援充実を県に要望することを決めた。大田原市は、来年に迫ったデスティネーションキャンペーンについて、鉄道を利用して訪れた観光客の交通手段を確保するため、駅からの巡回バスなど2次交通対策の支援を充実してもらうよう求めた。

■バックス 高橋淳一選手が引退会見(17-04-25)

 日光市出身でアジアリーグアイスホッケーのH.C.栃木日光アイスバックスの高橋 淳一選手(39)が25日、引退を発表し県庁で記者会見を行った。高橋選手は、当時の日光高校から1996年、古河電工に入団。古河電工の廃部後は、2003-2004シーズンにアイスバックスのキャプテンを務めた。去年(2016年)2月には、国内トップリーグ出場700試合を達成し、これまで国内最多記録となる753試合に出場した。

■アビリンピックに向け合同練習(17-04-24)

11月に県内で開かれる「全国アビリンピック」を前に宇都宮市の宇都宮青葉高等学園で選手と指導者向けの合同練習会が行われた。会場では出場を目指す選手と指導者、計33人が集まり喫茶サービスの種目の合同練習を行った。喫茶サービスは利用客が来店してから帰ったあとの片付けまでの一連の接客を審査。他の従業員との連携や利用客の立場に立った接客が求められた。

■縁結神社で例大祭 東武WS(17-04-24)

東武ワールドスクウェアの縁結神社は男女の仲だけではなく、人と人が良い縁に恵まれるようにという願いを込め2016年12月に建てられた。開園から25年目を迎えた24日には縁結神社の例大祭が行われ、斉藤文夫日光市長や県内の観光関係者などが集まって玉ぐしを奉納するなど、良い縁に恵まれるよう願いを込めて参拝した。7月22日には、東武鬼怒川線に東武ワールドスクウェア駅が開業しさらなる観光の振興に期待が高まる。

■知事定例会見 雪崩事故の真相究明を要望(17-04-24)

那須町で生徒ら8人の命が失われた雪崩事故を巡って、登山の専門家や大学教授などの有識者で構成される検証委員会が開かれている。また、雪崩事故で犠牲になった「遺族会」が事故原因の究明を求めて福田知事などに要望書を提出している。定例会見で福田知事は検証委員会について「ご遺族の思いに応えられるよう現地調査や関係者からの聞き取り等により事実関係を早急に明らかにし事故の原因究明を行ってほしい」と話した。

■伝統の「栗石返し」 日光東照宮(17-04-23)

境内に敷き詰められた「栗石」をひとつひとつ手で動かして枯葉などのごみを取り除く伝統的な清掃作業「栗石返し」が23日、日光東照宮で行われた。春の例大祭前のこの時期に毎年行われていて約380年続くとされる。この日は日光市民約3千人が参加して朝早くから清掃作業に精を出した。栗石は約468万個あり、集めたごみは2トントラック5台分ほどになるという。春の例大祭は5月17日から2日間開催予定。

■県庁で結婚式 魅力ある式でUターンを(17-04-23)

 県庁で23日、トチギ結婚式協議会が主催する結婚式が行われ、新郎新婦が多くの人の祝福を受けた。同協議会はとちぎの魅力あふれる結婚式を行うことで県内にUターンする人を増やそうと設立された民間団体。今後は県と協力し美術館などの公共施設を結婚式場として積極的に使いとちぎの魅力発信につなげたい考え。

■作新が文星芸附に圧勝 春の高校野球県大会 (17-04-23)

 春の県高校野球は2日目の23日、1回戦7試合が行われ作新学院は文星芸大附属に15−1と圧勝し、2回戦に駒を進めた。名門校同士の対戦となった試合は2回の表、作新6番・石戸がホームランで攻撃の口火を切ると、3回に3点、7回には打者一巡の猛攻で8点を挙げるなど文星を寄せ付けなかった。そのほか佐野日大がシード・足利に2対0、宇都宮工業鹿沼に3対1で勝利した。

■白球追う青い春 春の高校野球県大会が開幕(17-04-22)

春の高校野球県大会が22日開幕し、関東大会を目指し熱戦がスタートした。清原球場では打倒シードに燃える栃木と去年秋の大会準優勝のシード石橋が対戦。シード石橋が4対0で栃木を破り2回戦に進出した。このほか、シード白鴎大足利は高根沢に勝利。シード宇短大附属は宇都宮商業に敗れた。翌23日は県営球場で春の選抜に出場したシード作新学院が文星芸大附属と対戦する。

■登山シーズン前に注意呼び掛け 那須(17-04-22)

本格的な登山シーズンが始まるのを前に、那須岳で22日、山での遭難防止を呼び掛ける活動が行われた。この日は那須塩原警察署の警察官と那須山岳救助隊員、計15人が登山に訪れた人などにチラシを配り注意を呼び掛けた。去年1年間に那須塩原警察署管内で発生した山岳遭難事故は7件。那須岳ではこの冬、例年より多く雪が降り、登山道にはまだ雪が残っている場所もあるということで無理のない登山を呼び掛けている。

■ウーヴァ快勝、2回戦へ サッカー天皇杯(17-04-22)

天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦が22日に行われ、栃木ウーヴァFC(栃木)は県グリーンスタジアムでFCパラフレンチ米沢(山形)と対戦。東北社会人サッカーリーグ2部で戦う米沢に対して、ウーヴァは素早い動き出しと正確なパスワークで先制。これで勢いに乗ると怒とうのゴールラッシュを見せ、ウーヴァが6対1で勝利した。6月21日の2回戦は等々力陸上競技場(神奈川)でJ1川崎フロンターレと対戦する。
  • ゴルフここだけ
  • SOUND30
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜
  • 旅好き
  • 盲導犬協会
  • 竜鳳肉マルシェ 〜全国のおいしい肉料理が大集合!〜